読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

嘘つきは殺される

舌の根も乾かぬうちに

多分これが大人になること

成長して、お金が使えるようになった。
小学校の時には月に500円だったお小遣いが、
中学生で3000円になって、
高校生になったら5000円になった。
大学生からはお小遣いはなくなったが、
より多くのお金が使えるようになった。

私が自分としてオタクになったと思ったのは中学2年生からだった。
ライトノベルを読み始めて、今までよりもずっと多くの少年漫画を読んで、
自分でも集めるようになった。
それまで買ったことがあったのは、ちゃおなどの少女漫画だけだった。
でも、あまりお金を出した記憶はない。

同じ中学校の友達は、当時からいろいろなものを買っていた。
キャラクターソングとかドラマCDとかは1枚が3000円に+消費税ぐらいの値段で、
当時の私からしたらとても高くて、買えなかった。
ひと月のお小遣い以上の金額を、そこに出す気にならなかったのだ。
でもだからこそ、新しい漫画を買うときのうれしさはひとしおだった。
お金がなかった中学時代はブックオフで、
高校生になったら今まで持っていた漫画の新刊は普通に定価で買うようになった。
今だったら、あの時の数倍、あるいは数十倍のお金が出せる。
でも、あのときのうれしさに比べると劣るように思ってしまう。

高校の時にはDVDなんか手が届かなかった。
コラボカフェなど、ドリンクに1杯600円も700円も出していられるかと思っていた。
本屋でずらりと並んだ新刊の、その中で試し読みとかいろいろとして吟味して、
財布の中に入っている金額と相談して、やっと買った1冊がうれしかった。

今日、ブルーレイを初めてアマゾンで買った。
お金は確かに手元からなくなっているのに、
あの時のように「買い物をした」ことに対して思うことがない。
きっとこれからも、こうやってお金を出して、
だんだんと気持ちが薄れていくのだろうか。

お金を出すことが、ただの行為ではなく、
行事であったあの頃が楽しかった。
大人になるって寂しい。